静岡SEO研究所では、検索エンジンから検索される方法を研究しています。

SEO対策の基本

pengin.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

 Googleのアルゴリズムは日々に進化しています。アルゴリズムが変わると、当然、検索順位は、変動します。

2012年4月24日にペンギンアップデート言われるアルゴリズムの変動がありました。

このペンギンアップデートは、過度なSEO対策やスパムを見分けで見つけ次第、検索順位を落としてゆきます。たとえば

  • 購入した被リンク
  • 内容の乏しい自作自演のサテライトサイト(自分で作成した無料ブログなど)
  • まったく関係ないサイトからのリンク
  • ただのSEO対策のみを目的としたディレクトリーへの登録

など、以前わ当たり前のようなSEOはかえってマイナスに作用することになりかねません。早速、解除を急いでいるサイトオーナーさんも存在するようです。

まだ日本では導入されていませんが次には、パンダアップデートも導入されそうです

 


パンダアップデートは、サイトの品質に関するアルゴリズムでhtmlの記述に対する警告も含まれています。

 

 

panda.pngのサムネイル画像 パンダアップデートとは 、googleが上位に表示したサイトのコンテンツの内容が乏しかったり、SEO技術だけでの小手先の技術による上位表示を防ぐというもので、たとえば、他のサイトからやたらコピペしてコンテンツを増やしたり、やたらキーワードを詰め込んだサイトよりも、オリジナルのコンテンツをたくさん保有しているサイトを優先して上位表示しようとするものです。

静岡SEO研究所としての考え方ですが、これから、キーワードで上位表示を目指すためにはかなりハードルが高くなったように感じます。対処方法としては、コンテンツを充実して、リピーターのアクセスを稼ぐということが重要です。まず、ランディングページを作り、アクセスログからサイト内のリンクを調べましょう。必ずサイト内の離脱ページがありますので、その原因を調べ対処するようにしましょう。サイトのユーザビリティーが乏しかったり、デザインがダサかったりも原因になります。

静岡SEO研究所では、ご相談をおまちしていますので、最近順位が落ちたとお悩みのサイトオーナー様、お気軽にご相談ください。

 

up.png

ホームページをキーワードで上位表示させるためにSEO対策を行います SEO対策にはhtmlのただし記述と文書にメリハリをつけるためにhの見出しタグを使ったりb(太字)出なくstrong(強調)タグを使うなどの内部対策や、いろいろなサイトに登録したり、同じキーワードをもつサイトと相互リンクをしたりする方法があります。

最近は上記の方法には効果が薄くなったと考えられていますが、そんなことはありません。この技術を知る人が多くなり、皆様が使うようになりましたので、当たり前になってきたからです
言い方を変えれば、このSEO対策方法はやって当然ということになります

ドメインの経過年数

少しでも有利なSEO対策を考えるのであればオリジナルドメインを取得して大切にしましょう
なぜなら、検索エンジンは、ドメインの経過年数をSEOスコアに加算するからです。 人間社会と一緒だと考えてください。昨日、今日会った人よりも、長い付き合いの人のほうが信頼できます。またまめにホームページの更新をすることは、出会う機会が増えることにつながり信用が深まります。信頼されるとキーワードを検索結果の順位を上げてくれます

SEO対策の一つとして、相互リンクをしていますが、最近は無料ホームページサーバーを使用している方からのリンクはお断りするサイトが増えています。
おそらく、無料サーバースペースを借りているサイトです、本気度が感じられないことや、サイトがある日突然、違う内容のサイトにかわってしまうとか考えるからだと思います。

サーバー代金やドメイン料金はここ何年で劇的に安くなりました。わずかなお金を惜しんで、信用をなくしたら損だと思います。

オリジナルドメインは資産です

ホームページを資産であると考えればドメインは、住所であり、土地とも考えられます。せっかく何年もかけて、ホームページを育てたのに、例えば無料サーバーの場合、サービスを停止したりしてしまえばそれで終わりになってしまいます
オリジナルドメインはサーバーを変えても使用できます。ホームページ運営においては、大切な資産だと考えましょう

bad.png失敗しないSEO対策をするために大切なことは、スパム行為、つまり、反則行為だけは絶対にやめましょう。

取り返しのつかないことになります。ペナルティーをうける可能性もあります。ペナルティーは検索順位を下げるだけではなく、検索結果から削除されてしまう場合もありますので、注意してください。では絶対やってはいけないSEO対策とは

  1. まず代表的なスパム行為は、隠しテキストというものです。白い背景に、白い文字で、検索されそうなキーワードをたくさん書いたり、競合製品の単語をたくさん書いて、競合製品へのアクセスを妨害して自サイトへ誘導する方法で、この方法は、検索エンジンには見えるが、人間に見えないという方法です。比較的に簡単な方法なのでよく使われていますが、検索エンジンに嫌われることはやめましょう。背景とすごく近い色で文字を書いてもスパムとされてしまう場合もあるので注意しましょう。
  2. 隠しテキストと似ていますが、微細テキストという方法もあります。字を出来るだけ小さくして、隠しテキストのように、キーワードを出来るだけ詰め込んで上位表示させたり、競合商品名を何度も書き込み、ライバルサイトへのアクセスを妨害して、自サイトに誘導する方法です。検索エンジンには、文字サイズは関係ないので読めまが、人間に読めないものはやはりNGです。最近の検索エンジンでは。キーワードの詰めすぎはNGですのでやはりNGです。
  3. サーチエンジンに対して、ページの紹介文やキーワードなどを伝えるために meta要素があります。meta要素はホームページの各ページのタイトルや記述内容やキーワードを検索エンジンだけが、読むためにあり、人間には読めません。しかし、本文中に1度も出てこないキーワードを設定したり関係のないタイトルを設定したらスパムとみなされますので注意してください。キーワードもあまりたくさん入れないで10以内のほうが良いと思います。

 


good.pngのサムネイル画像SEO対策に失敗しないためには上記のようなスパム行為は絶対にやめましょう。

ホームページを掲載しているのになかなか反響がなくお悩みのサイトオーナー様ホームページの無料診断いたしますのでお気軽にお問い合わせください

原因は必ずあります。

 

question.jpg

最近リニューアルしたWeb-KingのサイトのSEO対策真っ最中です。googleアナリティクスとにらめっこしながら毎日格闘中、上位表示を目指します。

ホームページの仕事なので当然ライバルはプロ、頼まれてる仕事をこなしつつ、合間をみてSEO対策をしていますが、なかなか壁が厚く、他業種から依頼されたWEBサイトのSEO対策に比べると、結果が出しずらい状態です。

SEO対策には色々な方法があるのですが、注意しなければならないことがあります。SEO対策はやりすぎるとペナルティがあるので、失敗しないSEO対策の注意点を紹介します。

 

WEBサイトを成功に導きますつまりSEO対策をやりすぎて失敗しないことが、SEO対策の成功につながるとも、考えられます。

 

失敗しないSEO対策には何お気をつけたら良いのでしょうか?基本を守ることが大切です。以下の事はSEO対策の重要度が高いので気をつけましょう。

  • titleタグ内でのキーワード使用ターゲットの単語すること、またはフレーズを、ページのHTMLのheader要素内のtitle要素内に配置すること。
  • 本文でのキーワード使用つまり、狙った検索語を、目に見える形でHTMLのテキスト内で使うことです。
  • 本文のコンテンツとキーワードの(トピック分析による)関連性
  • h1タグ内でのキーワードの使用したh1要素を作りましょう。
  • 狙った単語やフレーズをドメイン名の中に含むようにするとサイトの内容を告知しやすい
  • コンテンツページURLでのコンテンツのキーワードの使用する
  • h2やh3などの見出しHTMLタグの中に狙ったキーワードを含めること。hの見出しタグは重要です
  • 狙ったキーワードをHTMLタグのimg要素のalt属性やtitle属性に含めること、画像に対してもユーザビリティを考慮しましょう
  • ウェブ全体からのリンクによる質と量
  • 検索エンジンがコンテンツをインデックスし始めた日からの経過日数
  • そのページにリンクしているサイトやページと狙ったキーワードとの、テーマの関連性があるサイトからの被リンク
  • オンライン世界での話題に関連する仲間のなかでの、リンクの重み、SNSの活用
  • 外部サイトがそのドメイン名に対してリンクを張るタイミングや頻度外部サイトがそのドメイン名に対してリンクを張るタイミングや頻度や被リンク増加率
  • サイト全体のコンテンツと狙ったキーワードの間でのコンテンツの関連性の一致
  • 被リンクはアンカーテキストが重要です
  • 優良サイトや、関連性のあるサイトからの被リンク
  • リンク設置からの経過時間
  • 非常に似ているコンテンツの複数ページは作らない
  • 質の低いサイトやスパムサイトとのリンク
  • 同じtitleやmetaタグを多くのページで利用
  • ターゲットキーワードの使いすぎはスパムとみなされます。
  • リンクを業者から買わない。リンクの売買はスパムとみなされます

以上の事がSEO対策で重要で、基本的な内容です。

検索上位を実現するためにやるべきこととなります。

seo-gyusya.png

SEO業者の選び方

SEO業者の正しい選び方

SEO業者とは
お客様より依頼をうけたキーワードを上位表示させることを主業務にした業者

SEO業者を選ぶ時に、注意したほうがよいこととは、まず、必ず上位表示できる、と明言する業者は避けた方がよいでしょう。   キーワードによっては、競合する数や現在のライバルサイトのサイト規模など色々な要因がありますので、しっかりとした戦略を説明しない業者は避けましょう。
  外部からのリンク先を教えてくれない業者は避けましょう。適していないリンク先からリンクされた場合、逆効果の場合もあります。また、自動リンクシステムを使う場合はばれた場合ペナルティーを受ける場合も   ありますので、注意しましょう。

上位表示にかかる、おおまかの期間を教えてもらいましょう。5位までに入らなければ意味が有りません。費用対効果から検証してみましょう。

SEO対策について最低限は知っておきましょう

SEOについて全くわからないので外注に依頼するというのは、全く危険な方法です。   SEO業者の施策が、間違っている場合がありますので、ある程度は判断できるようにしておきましょう。
  SEO対策の施策によっては、ペナルティーを受ける場合があります。最悪、リカバリーできずに、ドメインをの変更を余儀なくされる場合もあります。
  例えば、リンクを購入する行為は、Googleのガイドラインからは違反しています。もし、被リンク中心にSEO対策してゆく場合は自己責任であると考えましょう。

WEBサイトを成功に導きます SEO対策の内部対策の基本

WEBサイトに訪問者を呼び込むためにはSEO対策が大切です。
WEBサイト完成後に、さまざまなサイトに登録したり、被リンクを増やすことも大切ですが、WEBサイト作成開始からの、HTML本体に、検索エンジンに好まれる論理的な文書構造をもつということが必要となってきます。


HTMLタグの最適化の基本

  • メタタグの正確な記述
  • 見出しを適切に使用した文書構造
  • 適切なタグを使用したメリハリのある表現

メタタグの正確な記述

メタタグのなかでもとくに大切にしたいのはtitleタグです。titleタグにはまず、WEBサイトの内容が検索エンジンにわかりやすいように、キーワードをタイトルの先頭に配置して検索エンジンを呼び込むようにします

meta descriptionタグには、そのページに何が書かれているかの説明文を記入します。検索結果ににも表示されることもありますので、ユーザーを誘導するためにも大切なタグです

meta keywordsタグは、検索エンジンから、検索されるためのタグです。複数使用する場合は,コロンで区切ります。あまり、欲張りすぎず、サイトやページで重要な語句を適切に配置しましょう。

見出しを適切に使用した文書構造

hのタグは、見出しを意味します。h1からh6まで重要度の高い順番に配置します。検索エンジンに分かりやすい文書構造にするために、キーワードを交えながら使用しましょう。

適切なタグを使用したメリハリのある表現

pのタグは段落を表します。しかし普通に表現してゆくより例えば、キーワードをstrong強調タグで囲んだり、emやや強調タグで囲むことにより、検索エンジンにページの内容を正確に知らせることになります。また、見た目も、strongで太字にemで斜め文字に、見た目メリハリがつきます。スタイルシートを利用することで装飾もカスタマイズできます

seo.png

ユーザビリティを向上させよう

検索エンジンは良い情報をあくまでも、上位に表示できるように進化しています。これからのWEBサイトの制作は、検索エンジンにもユーザーにも好まれる、ユーザビリティーを高めてゆくことが大切です。

seo3.jpg

SEO対策をはじめる前に理解しておきたいことを考えてみましょう

検索エンジンのアルゴリズムは当然のことですが公開していません。

サイトの運営においてアクセスされなければ何のためのホームページかわかりません。

ではアクセス数を増やすためにはseo対策を行うと思います。例えば相互リンクを行い被リンクを増やしたりサイトを登録したりすると思います。

その前にgoogleのウェッブマスターのために公開している ウェブマスター ツール ヘルプを必ず目を通しておくことをおすすめします。

ここには最初このようにかかれています。

次のガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google のインデックスに登録されやすくなります。ガイドラインの提案項目を導入しないサイトでも、Google の検索結果から削除されるなどのペナルティが課せられる可能性のある不正行為について記述されている「品質に関するガイドライン」には目を通されますよう、お願い致します。ペナルティが課せられたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。

  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン

が詳細に説明してあります。まず、このことに沿ってサイトが作成されていない場合は、上位表示は大変厳しくなってしまうと思います。

この中でも特に気をつけるべきことを抜粋してみます。

  • わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にします。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。
  • サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意します。サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイトマップを複数のページに分けます。
  • 情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述します。
  •  ユーザーがあなたのサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含めるようにします。
  •  重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用します。Google のクローラでは、画像に含まれるテキストは認識されません。テキスト コンテンツの代わりに画像を使用する必要がある場合は、ALT 属性を使用して簡単な説明テキストを組み込みます。
  • <title> タグの要素と alt 属性の説明をわかりやすく正確なものにします。
  • 無効なリンクがないかどうか、HTML が正しいかどうかを確認します。
  • 動的なページ(URL に「?」が含まれているページなど)を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、静的なページと同じようにはクロールされない場合があります。パラメータを短くしたり、パラメータの数を少なくしたりすると、クローラで見つけやすくなります。
  • ページのリンクの数を適切な数(100 未満)に抑えます。
  •  

このことはデザインとコンテンツのガイドラインにかかれていることですが気をつけたいことは、googleはw3cの勧告によるデザインをCSSにまかせhtmlを論理的に豊富に記述することを推奨し、htmlの書き方や完成度を重視していると考えられます。

以前はプラウザによる表示の違い方の対策にテキストの代わりに画像ファイルに文字を入れて画像ファイルをテキスト代わりにするデザイナーもたくさんいましたが、そうした場合はseoのスコアを落としますので見直しをする必要があります。

次にはこんなことも書かれていました。

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • サイトの順位や PageRank を上げることを目的としたリンク プログラムに参加しない。特にウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。
  • ページの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反しています。Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する WebPosition Gold? のような製品の使用は推奨していません。

    ここに書いてあることは当然のことながら、スパムまがいのことをしないようにするための警告です。クローキングとは、IPアドレスなどを利用して検索エンジンと人間に対して別のサイトを見せる技術のことです。ばれたらgoogleから抹消されます。

    googleでは、ユーザーの利便性を大変重視しているようで、そのための過度のリンクやスパムまがいのことは嫌い、ほんとにユーザーが求めている情報を上位表示するアルゴリズムを開発しているようです。ここには興味深いことがいろいろ書かれているので、特にウエッブマスターをされている方は訪問してみてください。

    またgoogleからウェッブマスターにむけて、google ウエッブマスター向け 公式ブログを公表しています。ここにはいろいろな質問に対して答えてくれる形式の記事がたくさん載っていますので、ウェッブマスターの方には必見ですのでご紹介します。

    s-main.jpg最近読んだ記事で被リンクのルールがgoogle様で変化があったようです。

    例えば、無料ブログなどに自サイトにリンクを貼り、被リンクを得る自作自演のサテライトSEO対策や、業者から買い取った被リンクなどは無視するようになったそうで、ますますSEO対策は難しくなってきました。このことにより随分影響が出た中小企業もあったそうです。

    ここで、今後のSEO対策として検索エンジンにどうやって気に入られるようにするのか、考えてみましょう。

    検索エンジンは、優良サイト、つまり優良な情報を提供できるサイトを上位表示させたいと考えています。

    優良な情報とは、新しく適切な情報だと思います。そんなWEBサイトであれば、リピーターも集まり、アクセスも増えるのでそのあたりのSEOスコアが高くなるのではと感じます、では具体的な方法を考えてみましょう。

     

    今後のSEO対策について考えてみましょう

    seo3.jpgサテライト式のSEO対策が効果が少なくなってしまったので、やはり大切なのは、検索エンジンのアルゴリズムに基づき行うべきで、コンテンツを考えて、まず無料ブログでアップロード、様子をみて、反響があればさらに深い内容と、関連する、キーワード、タイトルを絞り込み修正アップロード、この繰り返しが大切なようです。

    あと、お気に入りに入れて貰ったり、TWEETしてもらったり、ソーシャルネットサービスの利用が、ますます不可欠になってくると考えられます。

    分散化したIPアドレスからアクセスされる方法を考えることが勝者への道だと考えられます

    web2.jpg

    SEO対策をしなければ、なかなか上位の検索順位に上がってゆきません。

    SEO対策の成功の秘訣は下記の内容が基本です

    • 正しいhtmlの記述
    • 正しいMETAタグの記述
    • 良質なサイトからのリンク
    • WEBサイトの更新
    • 良質なコンテンツの充実

    foot-b.jpg

    正当なHTML(w3c準拠)を記述するこにより検索エンジンがサイトの内容が理解しやすくなります。

    METAタグのタイトル、キーワード、記述については必ずコンテンツの内容にそって記述しましょう。検索エンジンが高く評価してくれます。

    良質な検索エンジンから一目おかれるようなサイトからリンクを貰いましょう。あなたのWEBサイトの評価も上がります。

    良質なコンテンツの集まるWEBサイト検索エンジンは上位に表示したいと考えます。良質なコンテンツを追加してドンドン更新をしてゆきましょう。


     

     

    1年経過したホームページのリフォーム案の検討

    ホームページを運営して1年以上経過したらまず一度大きな見直しをしたほうがよいと思います。ホームページを制作して1年未満の場合、エイジングフィルターにかかっていたりして満足なアクセスログとれない場合もあり、またあまりコンテンツを更新していない場合そのサイトの実力が反映されている時期だと考えられます。ホームページの運営を始めたばかりは、検索エンジンも新しい情報を探しながら本当に訪問者に有益なサイトかを見極める時期であり、経過年数は、実績として評価します。その間に新しい情報が更新されていればさらに高評価を得られます。では、1年以上経過したら何をすべきか考えてみます。

    アクセス数から考えるホームページのリフォーム案

    1. 1日のアクセス数が10未満だった場合はサイトの存在が知られていないので、サイトの構造を1から見直しすべきです。オリジナルのドメインの場合そのまま使用しましょう。ただし、スパム認定の疑いがある場合ドメインをあきらめなければならない場合もあります。
    2. 1日のアクセス数が10から25未満であった場合はサイトの告知活動はまずまず進んでいますが他のサイトとの差がないのでアクセスが集まりきらない状態です。コンテンツの充実を検討しましょう
    3. 1日のアクセス数が25から50未満の場合は、サイトが軌道に乗りつつある状態です。ここまでくれば訪問者の傾向もわかりつつあるので、離脱率の多いページやサイトの滞在時間等を考え、訪問者を呼べるコンテンツを充実させ、ランディングとして機能していないページはキーワードや掲載内容のみなおしをしましょう
    4. 50以上アクセスがあれば情報をうまく発信している状態なので、さらに訪問者を呼べる新コンテンツを発信したりしてさらにアクセスアップするようにしましょう。100アクセスあれば、個人や中小企業サイトであれば大成功といえます

    例えば1日30アクセスがあれば、年間で考えれば10000件の訪問者がいるということです。さらにその訪問者が3ページ見た場合30000ページビューということになります。このことを考えると、訪問者が求めているコンテンツを的確に掲載することが基本で大切なことです。このことはYahooのガイドラインにもGoogleのガイドラインにも訪問者第一のサイトにするよう明確に公表しています。ホームページ運営を始めて1年経過した頃に1度アクセスログからコンテンツの見直しをしてみたら良いと思います。

    ホームページのデザインのリフォーム案

    ホームページを運営を始めて1年経過した頃に自分の上位表示されたいキーワードで検索してみてください。現在上位表示されるページはデザイン的にも優れているページが多いと思います。それはなぜかというと、しっかりした使い勝手の良いデザインのサイトには必ずリピーターが存在してアクセスの多いページほど上位表示されるのでアクセスがアクセスを呼び込みホームページ運営が大変良い状態にあるからです。

    ホームページを立ち上げた時にはこのデザインで良いからとスタートしますが1年位経過すると訪問者の傾向がわかりサイトイメージの修正も検討すべき時期でとなります。デザイン、ユーザビリティーはアクセスを集める大きな要因の一つです。一定時期が経過したら検討してみましょう。

    CMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入したホームページリフォーム

    コンテンツが豊富なホームページを構築する手法にCMS(コンテンツマネージメントシステム)があります。CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、htmlの知識がなくてもコンテンツの管理ができるシステムで、大企業が使う数百万円するものから無料のものまであります。CMS(コンテンツマネージメントシステム)導入の利点はサイトの構成の管理はWEB制作者に任せ、コンテンツはhtmlを知らない複数の担当者が何処からでもおこなえるという点です。ブログのように記事を打ち込み公開することでコンテンツを構築するシステムです。ブログとCMS(コンテンツマネージメントシステム)でブログとの違いは

    • 時系列に縛られないので更新日時を積極的に表示する必要がないということ
    • ナビゲーションもしっかりしたものが作ることができます。
    • お問い合わせや、サイトマップ、会社概要などの最低限の表示ができる。
    • トップページが存在する

    などがあげられますがブログもCMSも機能の拡大や自由度を高めているので違いが分かりにくなりつつあります。

    CMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入したホームページリフォームした場合のメリットは、例えばホームページのコンテンツのカテゴリーを増やす場合に通常のホームページと違い各ページのリンクを修正するような気の遠くなるような作業から解放されWEB制作者はデザインなどの仕事に集中できるようになります。また、PING送信の機能を活用できるので記事を公開する都度に検索エンジンにかかりやすくなります。WEBページの下の階層に設置することにより記事が増えるたびにサイト規模が大きくなりSEO効果もあります。

    ホームページを運営してからある一定の時間が経過したら見直してくださいそして、どうすべきか考えてみてください。PDCAサイクルです。

    WEB-KING公式ホームページ

    2014年5月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    静岡市葵区水道町125番地

    静岡SEO研究所

    E-mail info@web-king.biz