静岡SEO研究所では、検索エンジンから検索される方法を研究しています。

ホームページのリニューアルのすすめ

seo3.jpg

最近巷で話題のペンギンアップデートやパンダアップデートによりgoogleのアルゴリズムが大進化したようです。

ペンギンアップデートによる注意点とは、

  • 全然無関係なサイトとのSEO対策目的の相互リンク
  • 誰でも登録できるリンク集やディレクトリ型のリンク集への登録

これらの過剰なSEO対策を施したサイトの順位が大幅に下落しました。

 

パンダアップデートの影響とは

  • 過剰にキーワードを詰め込んだサイトの順位の下落
  • スパムといわれている手法を駆使したサイトの削除

などですが、ポジティブに考えましょう。

つまり、小手先の昔、流行したSEO対策は通用しなくなり、内容、コンテンツを見直して、ホームページの内容を充実させることが大切です。以前は、いくら内容が充実したサイトを作成しても、小手先のSEO対策を施さなければ上位表示はされませんでしたが、これらのサイトの順位が下がれば、内容の充実したユーザーのためのサイトが検索されやすくなり、優良サイトに朗報であると考えましょう。

静岡SEO研究所では、今後のSEO対策を見据えたホームページのリニューアルをおすすめします。

リニューアルのポイントは、今後のSEO対策とは、小手先だけでは検索エンジンをだませませんということです。

  1. コンテンツの充実→アクセスログを活用した内容の見直し→アクセスのないページマイナス要因となります
  2. 掲載コンテンツ、追加ページの検討→人気のあるランディングページによるトラフィックの活性化
  3. 正しいhtmlの記述されているかの検証→見出しタグなどの適切な使用はやるべきです

昔ながらのSEO対策は、マイナス要因になる場合もあります。つまりキーワードの詰めすぎや、過剰な短期間の被リンク集めなど、今ではSEO悪徳業者と言われている手法は、昔は正当な方法でした。

それが通用いない現在では、SEO内部対策が増えているといわれますが、それは、当然やるべきことで、現在ホームページを成功させるためには、内部のSEO対策プラス、各ページ、各コンテンツの論理的記述技術と各ページ、各コンテンツに適切にユーザーの求める情報の記述と、直感的にすんなり頭に入ってゆくデザイン能力が必要です。

 

WEB-KING公式ホームページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

静岡市葵区水道町125番地

静岡SEO研究所

E-mail info@web-king.biz