静岡SEO研究所では、検索エンジンから検索される方法を研究しています。

失敗しないSEO対策2

bad.png失敗しないSEO対策をするために大切なことは、スパム行為、つまり、反則行為だけは絶対にやめましょう。

取り返しのつかないことになります。ペナルティーをうける可能性もあります。ペナルティーは検索順位を下げるだけではなく、検索結果から削除されてしまう場合もありますので、注意してください。では絶対やってはいけないSEO対策とは

  1. まず代表的なスパム行為は、隠しテキストというものです。白い背景に、白い文字で、検索されそうなキーワードをたくさん書いたり、競合製品の単語をたくさん書いて、競合製品へのアクセスを妨害して自サイトへ誘導する方法で、この方法は、検索エンジンには見えるが、人間に見えないという方法です。比較的に簡単な方法なのでよく使われていますが、検索エンジンに嫌われることはやめましょう。背景とすごく近い色で文字を書いてもスパムとされてしまう場合もあるので注意しましょう。
  2. 隠しテキストと似ていますが、微細テキストという方法もあります。字を出来るだけ小さくして、隠しテキストのように、キーワードを出来るだけ詰め込んで上位表示させたり、競合商品名を何度も書き込み、ライバルサイトへのアクセスを妨害して、自サイトに誘導する方法です。検索エンジンには、文字サイズは関係ないので読めまが、人間に読めないものはやはりNGです。最近の検索エンジンでは。キーワードの詰めすぎはNGですのでやはりNGです。
  3. サーチエンジンに対して、ページの紹介文やキーワードなどを伝えるために meta要素があります。meta要素はホームページの各ページのタイトルや記述内容やキーワードを検索エンジンだけが、読むためにあり、人間には読めません。しかし、本文中に1度も出てこないキーワードを設定したり関係のないタイトルを設定したらスパムとみなされますので注意してください。キーワードもあまりたくさん入れないで10以内のほうが良いと思います。

 


good.pngのサムネイル画像SEO対策に失敗しないためには上記のようなスパム行為は絶対にやめましょう。

ホームページを掲載しているのになかなか反響がなくお悩みのサイトオーナー様ホームページの無料診断いたしますのでお気軽にお問い合わせください

原因は必ずあります。

WEB-KING公式ホームページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

静岡市葵区水道町125番地

静岡SEO研究所

E-mail info@web-king.biz