静岡SEO研究所では、検索エンジンから検索される方法を研究しています。

lpoとは

puroduce.png

LPO・・・ランディングページオプティミゼーション・・・ランディングページ最適化とは
ランディングページとは、あなたのホームページに最初に訪問者が訪れるページで、つまり訪問者は最初にトップページから訪れるとは限られません。つまり訪問者が探している情報の中で、googleやyahooの検索エンジンはキーワードやそのページに書かれている内容から、重要だと考えられるページを優先して、上位に表示してゆきます。yahooは、比較的にトップページを優先する傾向にありますが、googleは、特に、キーワードに対して内容が深いページを優先表示するようです
この最初に訪問者の訪れるホームページの各ページを最適化することにより商品購入や、お問い合わせ、会員登録などの収益につながるコンバージョンレート つまり取引の割合を高める手法のことです。
では、具体的なlpo対策を行うためにどうしたらよいかは、まず基本的なことでは、各商品、タイトルのページのメタタグの部分をもう一度も直すことから始めましょう。
たまにあるのですが、またタグキーワード、ディスクリプション、タイトルがトップページから、すべて同じだったり、会社名を最初に記述したりしてないか見直して下さい。会社名で検索される場合、ほぼ、ピンポイントで検索されるので、同じ名前の会社が多数ない限り、あまり重要なタグでマークアップする必要がありません。むしろ、取引につながる商品名を検索される手法をとるべきです。
次に、そのページに容易に到達できるようなリンクの設置、リンクの位置を考えましょう。これは使い勝手の良いホームページの制作ということですが、この機会に見直しましょう。
最近では、ランディングページは、縦長のランディングページのほうがよいといわれています。それは、ランディングページよりクリックされたページの訪問者は、取引をしようという意欲が比較的に高く、より詳細な情報を得ようとしますので、そのために、縦長なランディングページができてしまうことになります。つまり、トップぺージは各ランディングページの導線の役割を持たせランディングページで取引を成立させるということだといえます。
ロングテールキーワードを見つけることもコンバージョンを高める効果があります。ロングテールキーワードとは複合機キーワードのキーワードをたくさん入れることだと考えがちですが実は違います。検索数は非常に少ないが、購入意欲が強く、また、他社と競合しないキーワードを探し成約率を高めるということです。そんなキーワードがあれば新規のページをつくらなくても、そのキーワードに比較的にマッチしたページにコンテンツを埋め込むだけでコンバージョンを高めることになりますので、この機会にサイトの見直しをしたらいかがでしょうか?

WEB-KING公式ホームページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

静岡市葵区水道町125番地

静岡SEO研究所

E-mail info@web-king.biz