静岡SEO研究所では、検索エンジンから検索される方法を研究しています。

SEO対策ー小技

 

Movable TypeとWordPressこんな質問がありました。

「Movable typeでWEBサイトを作っていたのですが、SEO業者さんより、WordPressに乗り換えないとSEO的に負けてしまいますよ」言われましたが、本当でしょうか。?

このことに関して、ただ今実験中なのですが、どちらが優れているかは今の所、優劣は感じられません。

CMS、コンテンツマネージメントシステム、ブログ型ホームページを有効に使用してゆく場合、ping送信をたくさんした方がよいので、Movable typeとWordPress両方とも、投稿の際20件ずつping送信をしています。

movabletype.png

 

Movable Typeの場合、再構築をして、ちょっと時間がかかりますが、ping送信の成否のログがすぐにわかるのでその点は大変、ありがたいと思います。Movable Typeは。今年で10周年を迎えたそうです。数年前までは、トップシェアを誇っていましたが、現在はWord Pressにシェアを逆転されてしまったようです。原因は、ユーザーや販売パートナーをWordPressに比べ大切にしなかったからだとされているようで、最初にMovable Typeを始めた時にはライセンスを購入したのに、今ではMTOSと言う無料で始められることになったのは面食らいました。

wordpress.png

WordPressの場合、投稿してすぐに完了します。ログがすぐにでないので、ping送信が本当に成功したのかよく分かりません。WordPressの場合、現在ユーザーが増え続けているので、プラグインが豊富で、探しているプラグインがすぐに見つかります。特に気にいっているプラグインはAll in One SEO Pack です。これを使用すれば、記事に、ホームページのように、title keyword description がそれぞれ記入できるので、SEO的に強いのかなと感じます

Movable typeとWordPressを使ってみて

Movable typeとWordPressを両方使っているのですが、SEO的には両方とも今の所優劣はつけがたいと思います。ただし、WordPressの場合、ユーザーが多い分、これから始める方には、豊富なプラグインと開発もより速く進むと考えられますので進めやすいと思います。しかしMovable Typeにも良い所は、たくさんありますので、無理にWordPressに移行することはないと思います。大切なことは、コンテンツの充実です。

先日、社会保険労務士さんから相談がありました。

取り扱っているキーワードで、検索順位で20位以内にPDFファイルのページが出ているのはなぜ?というものでした。

PDFファイルのソースはプラウザから開けず、検索エンジンが読めるはずもないのに・・・・不思議です。

ITコンサルタントの講演会に出席する機会があったので質問してみたのですが、

「Adobe社が、GOOGLEやYAHOOにお金を渡しているのではないか?」と良く分からないようでした。

しかし、スモールキーワードにしても調べてみると、Yahooでは、60000件のうち、20位から30位の間に4件ランクインしていますし

Googleでは、45000件のうち31位に登場します。このくらいの順位であれば、充分検索される可能性があり、seoに有効であると考えられます。

PDFファイルなら、無料でアクロバットリーダーが入手できますし、アクロバットがあればPDFファイルにワードやエクセルで作った文書を変換できるので、HTMLの知識がなくてもページが作れます。最近では、無料ソフトでもPDFファイルが作れると聞いたこともあります。

試しに、社会労務士さんのFAXでのお問い合わせページをパワーポイントで作ってあったものを変換して、その一つ下の階層にフォルダを作りアップロードしてみました。2週間くらいしたら、そのPDFファイルのページは上位表示はされてはいませんでしたが、メインであるページの順位は見事に上がり10位以内の1ページ目にランクインしました。

これはやってみて初めて、わかったのですがPDFファイルには、リンクの挿入ができました。

このことから考えるとPDFファイルのseoスコアを持っているということです。PDFファイルは印刷がきれいにできるので今回は、FAXのお問い合わせページを作成しましたが、htmlで記述するよりワードのほうが、はるかに楽であるというメリットもあります。

PDFファイルのSEO効果について調べてみたのですが、拡張子がメジャーなのでやはり検索エンジンは読めるようです。

それと、PDFファイルのSEO効果を持たせるにはコツがあるようです

ファイルからプロパティーを開いてみると、タイトルやサブタイトルやキーワードを入れる欄がありそこに必ず、htmlの作成同様に記述するるということでした。サブタイトルはhtmlのdescriptionに該当するようです。

 

psf-seo1.jpgこれなら手持ちのパワーポイントやワードのファイルを有効に活用できますのでやってみることをお勧めします。

ブログをやっていると良くRSSとかPINGという言葉を聞きます。どういう意味なのでしょうか。本などでその原理を調べたのですが専門用語が多くて結構難しいので簡単な使い方を説明します。

結構気に入ったブログがあって、見に行くと更新されていなくてがっかりすることがあると思います。

お気に入りがたくさんあるとそのチェックも大変だと思います。そんな時力を発揮するのがRSSです。

RSSはブログの更新した情報をサイトに行かなくてもその情報を受け取るシステムです。

RSSの使い方は、気にっいたブログをのなかの RSSを購読するとか下のようなマークを探してください。

rss-1.jpg

そこをクリックすると、RSSのURLがわかります。ではまずそのURLコピーしましょう。

次にそのURLをRSSリーダーに登録します。RSSリーダーはいろいろな会社が提供していますが今回はi-googleを使います。まずはgoogleアカウントを取得してログインしてください。そしてi-googleにすすんでください。

rss-21.jpg

コンテンツを追加 をクリック
rss-3.jpg

左の下のほうの フィードやガジェットを追加 をクリックします。
rss-41.jpg

先ほどのURLを貼りつけましょう。そしてii-googleのトップに戻りましょう。すると、初期設定で3件の新着情報が表示されます。

rss-5.jpg

右上の×を押せば、このRSSは、解除できますのでいらないものは削除しておいたほうが使いやすいですよ。

もうひとつ良く聞くPINGについて書きます。

せっかくブログを書いたら、なるべく多くの人に見てもらいたいですね?

では、どうしたらよいのでしょうか?

普段インターネットで使っているgoogleやyahooなどと同様に、Blog people や 人気ブログランキング などのサイトに 自分の書いたブログを更新したよーと通知することをping送信とかpingを打つといいます。

そうしないとブログを更新したとわかってもらえないからです。

せっかく作ったブログはやはり多くの人に見てほしいですね。ping送信しないと損しちゃいますよ。

RSSもPINGもSEO対策につながりますので、積極的に活用しましょう。

WEB-KING公式ホームページ

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

静岡市葵区水道町125番地

静岡SEO研究所

E-mail info@web-king.biz